情報発信のコツまとめてみた。

『イメージ作り』の考え方

アフィリエイター君たちも結構やってるのだが、

『稼いでる』イメージを植え付けて、

稼ぎ方を教えて欲しいと思ってもらいたいわけじゃん?

だから、リッツカールトンの写真や、

高級輸入車の写真、

海外旅行をしてるっぽい写真を多用する。

本人は写っていないことが多い。

っつーか、写っていないわな、そりゃ…。

逆に言えば、

使う画像で、相手の受けるイメージは随分変わる。

 

例えば、俺のFacebookの流れを、今から最短で作るとするなら…。

シャンパンの写真をひたすら集めればいい。

ネット上でもいいし、知り合いに頼んでもいい。

内容と関係なくても、貼り続ければ、

勝手にシャンパンばっか飲み歩いているイメージが定着する。

実際、俺が写ってる写真って、どれだけあった?

ほぼ無いと思うぞ…?

やり過ぎると、批判も食らうし、自分でハードルを上げる事になっちゃうから、

要注意。

奢ってもらったのか、自腹なのかも、写真じゃわからないから、何でも使える。

 

逆に、嬢側なら、在庫の開けてないボトルでもいい。

ご馳走様でした~。って写真を載せりゃいいだけ。

画像だけでも、もちろんOK。

光るやつはダメだけどな…。

 

その一緒に写るボトルの種類で、お客さんの層を上下操作することも可能だ。

だいたい、一緒に写っているボトルの価格帯のお客さんが勝手に集まる。

その辺は、某日本一キャバ嬢のBlogを見ると、よくわかるはずだ。

ま、そのBlogはダミーの写真なんか無いけどね。

 

仕掛ける側の人間は、ある程度の自分の都合が良くなるように、

情報操作をしながら、キャラを作り込んでいく形の発信をしていけばいい。

 

逆に、客側も、背伸びし過ぎない程度にイメージ作りをしてもいいかもね。

本当は、ありのまま、が一番いいと思うけどね。

 

文字で、自分を発信しながら、

画像で会った事がない人達が、想像するための材料を載せる感覚で

トライしてみて欲しい。

 

続く…。