稼ぐ≒モテる の解説…その③

③にして、今さらだけど、

稼ぐって表現は、ちょっと違ったかな…。

反省。とともに、

ま、いっか。

開き直り…。

 

言いたい事は、

需要と供給のマッチング。

 

稼ぐも、モテるも基本同じなのはわかるだろ?

じゃあ、需要と供給のマッチングはどうやるの?となるわけだが、

WEBを使って、自分が供給できるモノを、レバレッジを効かせて発信。

 

そう。供給できるモノを先に発信しちゃう。

その発信を見た人が必要かどうかは考えなくていい。

発信先を制御、制限はできないから、

発信するか、しないか、しか選択肢は無い。

 

そこに価値を感じるかどうかは、発信の仕方で若干の変動はあるとしても、

発信を受けた側がそう感じるか?次第で、

そこばっかりはどうしようもない。

そこを理由に発信を躊躇するのも逆に自由だし…。

 

どうしても、発信になれていないと、

価値観、周波数の合わない人にフォーカスしてしまう。

どうやって読んでもらおう、

どうやって気に入ってもらおう、

いろいろ考えてしまうが、そこはこれまで何度も言っているが、

自分ではどうにもならない領域、

なかなか踏ん切りがつかないヤツは、

メイプル超合金のカズレーザーさんが語っている、

東洋経済さんのこの記事を読んで欲しい。

特に後半かな?

例えば、焼肉を食べたい、と思った時に、

目の前にチェーン店と専門店がある。

お金に余裕があれば、専門店に入るだろう。

逆ならば、チェーン店に入るだろ?

 

でも、その専門店の前に、

チェーン店並みの価格の入ったメニュー表があったらどうだろう?

ほとんどの人が専門店に入るんじゃないだろうか?

ま、価格以外にも、味とか他の要素もあるけど。

チェーン店にはチェーン店の品質、価格の程度がある程度想像がつく、

そんな絶対的な安心感はあるしね。

 

例えば、専門店前に、牛ロース1人前1,980円と書いてあって、

チェーン店が680円となっていて、そこで、

専門店の価格が、高いからダメだ、という人もいないでしょ?

強みは他にあるから。

もっと言えば強みを発信してないだけ。な話。

 

 

で、まぁ、発信して、存在に気付いてもらって、

どんな価値を提供できるのか、をわかってもらえたとして、

ほとんどのヤツが、ここで失敗する。

 

すぐに売り込む。

 

価値を提供してやる的な上からの態度をとった瞬間、

 

チーンだな。

 

発信で価値を感じてもらって、その価値が欲しいかどうか、

の選択権は、まだ相手にあるぜ?

テクニック的には、ドSキャラで押し切るやり方もあるけど、

逆に、欲しがってもいない相手に、無償で価値を提供する必要も無いしな。

 

実際、その価値を欲しがってもらえて、提供したとする。

 

それで終わりじゃん?

 

と心配するかもしれないが、そんな簡単に終わるもんじゃないぞ?

そんな簡単に価値を全部提供できるわけないし、

人の価値って、そんなに薄いもんじゃないしな。

 

ここからのやり取り云々、

具体的な話や、テクニカルな話は公開するわけにいかないから、

LINE@の方で発信していくわ。

 

LINE@のIDは、@rwm6203g ね。

で、入ったら、トークで何かテキトーにスタンプを送っておいて。

そのスタンプを見たら、配信Goすっから。

 

 

ヒロシでした…。